10歳からできる!泳げない人でもダイビングが絶対にできる3つの理由!




はいさーーーい♪♪
このブログは沖縄からお届け中です♪♪

みなさん、沖縄の海でダイビングしたいと思って色々調べたことはありませんか?

調べたはいいけど、
『私、泳げないからダイビングは諦めよう』とか
『ダイビングはライセンスがないと無理でしょ』と思っている方。

安心してください。

 

年間1000名以上にダイビングを教えてる僕が断言します。

 

泳げなくても、
ライセンスがなくてもダイビングは超簡単にできます!!!

 

泳ぎに自信がないあなたもこれを読んだら、すぐにでもダイビングツアーに申し込みたくなるはずです。

 

ダイビングではこのような海の中の絶景がみなさんをおまちしていますよ。

 

 

それでは早速、本題へいってみましょう。

 

スポンサードサーチ

ライセンスが無くてもダイビングはできる

 

この事実を知らない方は結構います。

 

ダイビング=ライセンスがないとダメは大きな勘違いです。

 

ダイビングには2種類あって、
『ファンダイビング』『体験ダイビング』です。

 

ファンダイビングはライセンスを持っていないとできませんが、
僕が今回お伝えしたいのはライセンスが無くてもできる『体験ダイビング』です。

 

ファンダイビングと体験ダイビングの違いは、潜れる深さと自由度です。

ファンダイビングのことは別の記事で書きますの今回は割愛させていただきます。

 

ライセンスが無くても参加できる体験ダイビングは、
インストラクターの方が手取り足取り教えてくれます。

ダイビングの知識が全くなくても、
20分くらいの説明で海の中の絶景を満喫することができるようになります。

 

体験ダイビングはライセンスが必要ないので10歳からでも参加ができます。

沖縄で体験ダイビングに参加するための条件とは?

2018.05.10

もしライセンスが欲しいという方は沖縄なら2日間で取得することができます。

 

体験ダイビングをしてもっと深くまで潜りたいとか、
夜の海でウミガメが寝ている姿をみたいという方はライセンスが取得を目指しましょう。

より海の魅力を知ることができます。

泳げないという固定概念を捨てよう

 

ライセンスが無くてもダイビングができるということは理解できたと思います。

けど、『泳げなきゃ、ダイビングは無理でしょ?』と思っている方に朗報です。

 

これが1番気になるところですよね。

 

実は体験ダイビングに申し込まれた方の大半が泳ぎに自信がなかったり、
海に入るが久しぶりだったりの不安でいっぱいの方たちです。

勢いで申し込んだものの『私、泳げないけど、、大丈夫ですか、、、』という方が本当に多いです。

 

最初は不安や緊張でいっぱいの方でも、最後は笑顔で『ダイビング楽しかった〜またやりたい』という方がほとんどです。

ダイビングはプールみたいに全力でクロールすることもないですし、平泳ぎすることもありません。

 

『泳ぎが全くできなくて不安です』という方に僕はよく『洗顔はできますか?』と質問します。

 

そうするとほぼ100%の方が『洗顔くらいできますよ』と笑いながら答えてくれます。

つまり泳げなくても、水さえ顔につけれればダイビングはできます。

 

 

大切なのはとにかく勢いで申し込むことです。

 

ダイビングはしたいけど、『泳げないから』とか『不安だから』で諦めるのは勿体無いです。

 

スポンサードサーチ

1番大切なのは呼吸と耳抜き

 

ライセンスが無くても、
泳げなくてもダイビングができることは理解できたと思います。

 

それでもなんか不安が残るという方に究極なことをお伝えします。

 

それは『呼吸』『耳抜き』さえ出来てしまえば、あとはガイドがなんとかしくれます。

 

1番大切なことなのでもう一度言います。

『耳抜きと呼吸さえ出来てしまえば、あとはガイドがなんとかしてくます』

ここまできたらガイド任せにしてしまいましょうw

これなら超簡単にできそうじゃないですか。

 

呼吸と耳抜きだけは他人任せにはできないのでご自身で行っていきます。

 

呼吸は普段から意識しなくてもできていますよね。

呼吸については説明がいりません。
もし緊張すると呼吸が荒くなってしまうという方は深呼吸を意識してください。

 

耳抜きいうのは、
飛行機に乗った時や新幹線がトンネルに入るときに耳が『キーーン』ってなった時、
あくびしたり、鼻つまんで鼻に息をフンってやると『キーーン』ていうのがなおるやつです。

 

とにかく呼吸と耳抜きの2つだけに意識を集中させてください。

 

他のことはガイドが全てやってくれます。

カナヅチの方でもガイドが手を引っ張って泳いでくれます。

 

浮力の調整もしてくれるので急に深いところに沈むことも絶対にありません。

 

呼吸は誰でもできますが、
すごく稀に耳抜きがどうしてもできないという方がいますので、そういう方は無理しないようにしてください。

 

沖縄に来る時は必ず飛行機に乗りますので、飛行機で耳抜きが出来ているかを確認するといいですよ。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

これまでダイビングはライセンスを持っていて、
泳げる人しかできないと思っていた方もできそうな気がしてきませんか。

 

この記事を見て、
『ダイビング意外と簡単そう』とか『これまで避けてたけど今年の夏はダイビングしてみよう』と思ってもらえたら嬉しいです。

 

沖縄だけでなく、
ハワイやオーストラリアなど海外でも体験ダイビングは行っていますので、
南国に行かれる際はぜひダイビングに挑戦してください。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です