【那覇発】宮古島日帰り観光モデルコース

はいさーーーい♪♪

旅HAPPY.です!!

このブログは沖縄からお届けしています。

 

今回は、宮古島日帰り旅行について詳しく書いていきます。

僕らはこれまでに『福岡日帰り』『石垣島&竹富島日帰り』旅行を実現してきました。

 

どちらも那覇発になっていますが、旅先での滞在時間は5〜6時間程度とそう長くはありません。

 

ただ、どちらもかなり内容の濃い旅になりました。

 

『日帰りでも充分に楽しめるぞ!』と味をしめた僕らは3度目となる日帰り旅の行き先に宮古島を選びました。

 

宮古島は以前から行きたかったところで目をつけていました。

 

色々調べていたら意外と安く行けることに気づき宮古島行きを決断!

ANAマイル取得修行中のため、今回は那覇⇄宮古島の往復をANAで取りました。

往復1人12,440円とそう高くない金額です。出発の約2ヶ月前に購入しました。

 

では早速、どんなプランで行ってきたのかを書いて行きます!

日程

 

10:45 那覇空港出発

↓(ANA1723)

11:40 宮古空港到着

レンタカーをした後、伊良部大橋を渡り、伊良部島でランチ。

下地島の17ENDへ。

イムギャーマリンガーデンでシュノーケリング。

18:30 宮古空港出発

19:20 那覇空港到着

 

ざっくりこんな感じです。

滞在時間はだいたい6時間くらいでした。

短時間で効率よく回るために行きたいところを絞りました。

 

宮古島と言えば綺麗で美しいビーチが有名ですが、有名どころを1箇所ずつ回っていたら時間が足りないので、17ENDとイムギャーマリンガーデンの2箇所に絞りました。

これが本当に正解でした!

宮古島に向けて出発

日帰り旅行だと早朝便を思い浮かべる方が多いかと思いますが意外とゆっくりの10:45那覇発でした。

 

那覇空港到着は8時20分。

国内線なのに2時間以上前に到着していたのは空港ラウンジを利用するためです。

ANAのラウンジではなくカードラウンジ。お金を払えば誰でも入れるラウンジです。

料金は1人1,200円です。ゴールド以上のクレジットカードを持っている方は無料で使うこともできます。

シークワーサージュースやマンゴージュースが置いてあって沖縄を感じることができますよ。

 

オンラインでチェックインを済ませてあったので、飛行機が飛び立つ30分前くらいまでのんびりしてました。

 

10時45分、定刻で出発。

11時40分、定刻で宮古空港に到着。

55分のフライトはあっという間でした。

▶︎11:45 レンタカー

荷物を預けていなかったので、すぐに空港を出てレンタカー!

今回、僕らが利用したレンタカー会社はサーウエスト宮古島

サービスが本当に素晴らしかったです。

 

便名と到着予定時刻を予め伝えておけば、ぴったりなタイミングで空港までお迎えに来てくれます。

1対1で対応してくれるので、他のグループを待つことなく送迎を行ってくれます。

 

空港から約10分くらいのところに事務所があり、手続きも数分で終わりました。

レンタカーの手続き待ちや配車待ちが時間のロスに繋がることが多いのでこれは嬉しいサービスでした。

 

事務所までの送迎中、宮古島の観光などについて色々とアドバイスもくれました。

 

最後はガソリン満タン返しですが、追加料金なしで空港乗り捨てOKなのでこれも日帰りで時間のない我々には本当にありがたいサービスでした。

 

お陰様でギリギリまで観光を楽しむことができました。


⬆︎実際に借りた車です。Cocoaでした。

料金は軽自動車1日3,100円(シーズンによって変動あり)でした。

これは格安です。

 

▶︎12:40 伊良部島でランチ

宮古島に来ていながら、ランチは伊良部島で食べました。

 

宮古島と伊良部島は無料で渡れる橋として日本一長い橋、伊良部大橋で結ばれています。

ここの景色がものすごく綺麗で感動しました。


⬆︎まもるくんと伊良部大橋

 

ランチの話から少し脱線しましたが、伊良部島の佐良浜漁港にある『魚市場 いちわ』で食べました。

伊良部島といえば、カツオが有名でカツオ桶丼と伊良部島まぜそばを注文しました。


⬆︎カツオ桶丼並880円

お店の目の前が漁港でそこで上がったカツオを新鮮なまま食べれて幸せでした!!

 


⬆︎伊良部島まぜそば850円

これまたカツオを味ですごく美味しかったです。卵の右側にある茶色いのが鰹フレークになっていて味がしっかりとついていました。麺の下にスープなどはなく、このまま混ぜるだけです。

鰹フレークがものすごく美味しくてお土産に買って帰りました。

 

宮古空港からここまでは車で約20分です。

料理の提供がすごく早かったので待たずに食べれました!

これも日帰り旅行にはありがたいです。

▶︎13:40 下地島、17END

 

腹ごしらえをした後は、下地島にある17ENDという超絶景スポットへ。

インスタでもかなりアップされているので有名なスポットです。

 

それがこちら。

加工せずこの綺麗さです。

 

テンション上がってこんな写真も撮ってみました。

 

時間があればもっといたかったですが、今回の旅は駆け足なので滞在時間は15分程。

 

お昼食べたところからここまで車で25分くらいです。

 

▶︎15:00 イムギャーマリンガーデン

 

ここは海水浴するために寄りました。

ビーチが岩によって囲まれているため波の影響が少ないので、子供連れでも安心して遊べます。

 

海に入る前に展望台へ行きました。


⬆︎展望台からの眺め最高です!

 

展望台から降りてきたら橋から海の中へダイブ!

GoProを持って海へダイブしたのですが、なんとGoProが海の底へと沈みました。

 

探すこと7分。無事に見つけることができました。

約1時間程、遊びました!

近くにコインシャワーがあり、泳いだあとはすぐに潮を流せるのがいいですね。

17ENDからここまで車で50分くらいです。

 

▶︎16:30 お土産購入

 

宮古空港にもお土産は売っていますが、ここでも購入。


⬆︎宮古空港から近くておすすめです。

 


⬆︎中はこんな感じで地元の食材やお土産が販売されています。

 


⬆︎腹ごしらえに宮古島のミルクティーとジーマミー豆腐を購入!味は普通でしたw

 

値段は空港よりやや安くここでしか販売してないものもありました。

ちなみに空港にしか売っていないものもあります。

 

お土産は気に入ったものがあるときにその場で購入するのがおすすめです。

他でも売っているだろうと後回しにすると後悔することがあります。

 

イムギャーマリンガーデンからここまで車で15分くらいです。

ここから宮古空港までは車で4分です。

 

▶︎17:40 宮古空港&レンタカー返却

ギリギリまで遊び帰宅の時。

レンタカーのガソリンを満タンに入れ、宮古空港の駐車場に返却。


⬆︎最後は有人のガソリンスタンドにて給油し、満タン証明のハンコをもらいます。

 

宮古空港内でもお土産を購入し、帰路へ。

ちなみに宮古空港の混雑により出発は15分遅れましたがいい旅でした!

※機内には無料で使えるWi-Fiもあるので快適な空の旅でしたよ!

 

持ち物

日帰りなので財布とスマホとカメラくらいでいいかと思っていましたが、

 

奥さんの希望によりシュノーケリングセットを持っていくことになりリュック1つ持って行きました。

持ち物は、財布・スマホ・GoPro・カメラ・シュノーケリングセット・水着・着替えタオル・三脚になりました。

 

ANAなので機内持ち込みでなく大きめのバックに荷物を入れ預けても追加料金は取られませんが、預けると荷物が出てくるのを待たないといけないので時間節約のため機内持ち込みの手荷物だけにしました。

三脚は17ENDの時にしか使いませんでしたが持って行ってよかったです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

意外と気軽に行けそうな気がしてきませんか。

 

海に入らなければ、水着もシュノーケリングセットも必要ありません。

沖縄本島からなら気軽に行ける離島です。

 

ぜひ、この機会に計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ランキングに参加しています。

1日1回ポチッと押して頂けるととても嬉しいです。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

⬆︎  ⬆︎  ⬆︎  ⬆︎

またここをクリックすると他の方が書いている世界一周ブログも見ることができます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です