ダイビングは初めてでも泳げなくてもできるって本当?

はいさーーーい🎵

沖縄移住5年目の、旅HAPPYのあーきーです!

 

この記事では体験ダイビングについて書いていきます。

みなさんにとって、スキューバダイビングとはどんなイメージしょうか。

 

『泳げないとできない』

とか

『ライセンスがないとできない』

と思っている方が結構多いのではないでしょうか。

 

 

ダイビングインストラー歴5年、

年間1000名以上にダイビングを教えてる僕が断言します。

 

 

『泳げなくても、ライセンスがなくてもダイビングはできます!!!』

 

泳ぎに自信がない方でもこれを読んだら、『なんだ〜そんなに簡単なのか』と理解できます。

 

それでは早速、本題へいってみましょう。

 

ライセンスが無くてもダイビングができる理由

 

この事実を知らない方は結構います。

ダイビング=ライセンスがないとダメは大きな勘違いです。

 

ダイビングは大きくカラゴリー分けすると、

『ファンダイビング』『体験ダイビング』の2種類あります。

 

ファンダイビングはライセンスを持っている方しかできませんが、

 

今回お伝えしたいのは、ライセンスが無くてもできる『体験ダイビング』です。

 

ファンダイビングと体験ダイビングの違いは、潜れる深さと自由度です。

 

ライセンスが無くても参加できる体験ダイビングは、インストラクターの方が手取り足取り教えてくれます。

 

ダイビングの知識や経験が全くなくても、
20分くらいの説明で海の中の絶景を満喫することができるようになります。

 

体験ダイビングはライセンスが必要なく、10歳から参加可能になっています。

 

体験ダイビングをして、

もっと深くまで潜ってみたいとかもっと色んなポイントで潜ってみたいという場合はライセンス講習へ進んで下さい。

 

沖縄の場合たったの2日間でダイビングライセンスを取得することができます。

 

一番気軽に取得できる、

『オープンウォーターダイバーライセンス』の相場は2万円〜4万円くらいだと思います。

 

沖縄でダイビングのライセンスを無料で取る方法!

 

世界共通のライセンスになりますので、

海外の海で潜ってみたいという方にもおすすめです。

 

泳げなくてもダイビングができる理由

 

ライセンスが無くてもダイビングができるということは理解できたと思います。

 

けど、『泳げなきゃ、ダイビングは無理でしょ?』と思っている方に朗報です。

 

ここが1番気になるところですよね。

 

実は体験ダイビングに申し込まれた方の大半が泳ぎに自信がなかったり、海に入るが久しぶりだったりの不安でいっぱいの方たちです。

 

勢いで申し込んだものの、『私、泳げないけど、、大丈夫ですか、、、』という方が本当に多いです。

 

最初は不安や緊張でいっぱいの方でも、最後は笑顔で『ダイビング楽しかった〜またやりたい』という方がほとんどです。

 

体験ダイビングでは、

プールみたいに全力でクロールすることもないですし、平泳ぎすることもありません。

 

ガイドの方が優しく手を繋いで一緒に泳いでくれます。

 

『泳ぎが全くできなくて不安です』という方に僕はこのような質問をします。

 

『洗顔はできますか?』

 

そうするとほぼ100%の方が『洗顔くらいできますよ』と笑いながら答えてくれます。

つまり泳げなくても、顔を水につけれればダイビングはできます。

 

大切なのはとにかく勢いで申し込むことです。

ダイビングはしたいけど、『泳げないから』とか『不安だから』で諦めるのは勿体無いです。

 

1番大切なのは呼吸と耳抜き

 

ライセンスが無くても、
泳げなくてもダイビングができることは理解できたと思います。

 

それでもなんか不安が残るという方に究極なことをお伝えします。

 

それは『呼吸』『耳抜き』さえ出来てしまえば、あとはガイドがなんとかしくれます。

 

1番大切なことなのでもう一度言います。

『耳抜きと呼吸さえ出来てしまえば、あとはガイドがなんとかしてくます』

 

ここまできたら、ガイドに全てを任せ委ねましょうw

これなら超簡単にできそうじゃないですか。

 

呼吸と耳抜きだけは他人任せにはできないのでご自身で行っていきます。

 

呼吸は普段から意識しなくてもできていますよね。

それでも心配という方は深呼吸を意識してください。

 

確かに水中に入ると緊張で呼吸が早くなり、

息しづらく感じますが、大丈夫です。落ち着いて深呼吸をしてください。

 

耳抜きいうのは、
飛行機に乗った時や新幹線がトンネルに入るときに耳が『キーーン』ってなりますよね。

それをあくびしたり、鼻つまんで鼻に息をフンってやると『キーーン』ていうのがなおるやつです。

 

鼻炎の方の中には常に鼻が詰まっていて耳抜きが苦手という方もいますが、

鼻炎の方でも大抵の方が水中で問題なく耳抜きできているので安心してください。

 

ちなみに僕も鼻炎ですが、問題なくできています。

 

泳げない方はとにかく呼吸と耳抜きの2つだけに意識を集中させてください。

 

他のことはガイドが全てやってくれます。

カナヅチの方でもガイドが手を引っ張って泳いでくれるので大丈夫ですよ。

 

ガイドがみなさんの浮力の調整もしてくれるので急に沈んだり、浮いたりすることもありません。

 

呼吸は誰でもできますが、
すごく稀に耳抜きがどうしてもできないという方がいますので、そういう方は無理しないようにしてください。

 

沖縄に来る途中の飛行機の中で耳抜きが出来ているかを確認するといいですよ。

 

大事なことですが、飛行機に乗る日は気圧の関係でダイビングはできませんので要注意ですよ。

 

体験ダイビングに申し込む前に注意しておくべき4つのこと

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

これまでダイビングはライセンスを持っていて、
泳げる人しかできないと思っていた方もできそうな気がしてきませんか。

 

この記事を見て、
『ダイビング意外と簡単そう』とか『これまで避けてたけど今年の夏はダイビングしてみよう』と思ってもらえたら嬉しいです。

 

沖縄だけでなく、
ハワイやオーストラリアなど海外でも体験ダイビングは行っていますので、
南国に行かれる際はぜひダイビングに挑戦してください。

次の記事へ>>>>沖縄移住者が愛してやまないオススメのタコライス店!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界一周ランキングに参加しています。

1日1回ポチッと押して頂けるととても嬉しいです。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

⬆︎  ⬆︎  ⬆︎  ⬆︎

またここをクリックすると他の方が書いている世界一周ブログも見ることができます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です